将棋の棋力向上へ〜山登りのように一歩一歩〜

将棋の棋力向上を目指したブログです。基本的には日々のメモ、目標を書いていきたいと思います。

丁寧に指すということ

将棋倶楽部24での15分は持ち時間が切れても1手60秒以内に指せば大丈夫。

と言うことはとても大事で、時間が切れる心配をしなくてもよいということに今更ながら気づきました。

つまり、序盤や中盤で納得がいくまで次の一手を考えることが出来ます。

対局は次の一手の連続なので、問題集のようにしっかりと時間をかけて考えたいところです。

 

丁寧に指す→一序盤から時間をかける、が今の考え方です。

前回の角換わり右玉のような受けの戦法なら、攻めた際に、駒を打ち込まれる隙はないか、どの駒なら渡しても怖くないか考える事が出来ていました。

 

序盤が得意なら、序盤にしっかり時間を使おう。自分自身に言い聞かせるようにしています。

2連勝! 〜丁寧に指す〜

2戦目

▲4級の方 vs △自分

持ち時間:15分60秒

戦型:角換わり

         早繰り銀 vs 右玉

 

◾️感想◾️

角換わりの出だしとなり、こちらは腰掛け銀を目指そうとしていましたが、先手の方が早繰り銀の形になりました。あまり指したことはないですが、対策として右玉に構えました。

中盤、よく考えて右桂を攻めに使う構想がうまく行き駒得になりました。実際玉側の桂馬は守りのような気もするのですが、よく検討してみます。

終盤は相手が角を切るのを見越して、その切った角で寄せを築きました。今回の寄せは挟撃体制の方針でした。

 

☆中盤の局面☆

 

f:id:sal0112:20170818195611j:image

 

・私はここから△8六歩▲同歩△8五歩と継ぎ歩から、以下▲同歩△同桂として銀桂交換を狙う方針でした。実践はその後銀桂交換となり、先手玉を薄くすることが出来ました。

・図の局面では、△5五角打を両取りに出来たらと攻めを組み立てていました。

・△8六歩に▲同歩は絶対ですが、△8五歩は必ずしも▲同歩の必要はないのかなとも考えました。△8五歩▲何か△8六歩▲8八歩と受けられた時、どう攻めたら良かったのかなど考えてしまいます。それでも▲8八歩と打たせたら壁形なので満足なのかもしれませんが。。

 

 

 

再スタート初勝利! 対振り飛車

幸先良いスタートがきれました!

だいぶ前にレーティングを落としたのもあって、あと400点ほど必要です。

それでも勝率6割5分を目指すことでクリア出来るものだと思っています。

将棋クラブ24では同レベルの人と対局すると±15ほどの変動が起きるみたいで、それから必要な勝ち数を考察してみました。

 

勝率6割5分で初段になる場合

※ちなみに27連勝でレーティング約400点アップ

100戦して、65勝 35敗 → +450

90戦して、  58勝 32敗 → +390

80戦して、  52勝 28敗 → +360

70戦して、  45勝 25敗 → +300

 

おおよそこのような結果になるので、つまり100戦くらいしないといけないですね笑

あまり数字にこだわりすぎず、指しすぎず、が目標です。

 

 

さて本日の対局は、初手1六歩と揺さぶりを掛けてきましたが、石田流対左美濃の形で、居飛車側を持ちました。

途中、本組みの相手を抑え込む方針が成功し、右辺を制圧しました。その後は逆転されないように分かりやすい手を意識して(優勢の時にはそう指したい)、寄せきることが出来ました。

局面を検討すると、最後の方で詰みが見つかりました。もっと接戦の対局時に読み切れるよう、しっかりと頭に焼き付けようと思います。

 

 

f:id:sal0112:20170817223522j:image

先手玉に詰みがありました。読みきれなかったです。

画像の名前は雑に消しました。笑

弾丸封印、24再参戦

宣言します!

 

 

まだ私の棋力ではあまり効果がないというか、ウォーズの10分でも短く感じるので、やるならそちらをメインにしようと。隙間時間にウォーズ弾丸をやりたくなるのですが、もう少し強くなってから解禁しよう。

 

24のアカウントもこの際新しく作って始めようかと。1戦1戦丁寧に対局して初段を目指します。

あと3ヶ月でしっかりと目標を達成したいと思います。

休日を終えて(終わりそう)

棋譜並べのせいか、序盤戦術に少しずつ自信を持てるようになってきました。

古い棋譜からはじっくりとした指し回しも学べ、特に対振りに対する急戦策が思っていたより有力なんだと感じました。

実践不足はこれから補うとして、序盤戦術と終盤が伸びたような気がします。課題は中盤かなと。

最初は棋譜並べとは中盤力を鍛えるものというイメージでしたが、個人的にというか、自分のやり方は序盤戦術と終盤の寄せ方の力をつけるトレーニングだと感じます。

サクッと、数多く並べる今のやり方は恐らく間違っていない。という事は中盤力を鍛える棋譜並べの方法もあるだろうと思っています。

 

 

 

前回コメントをいただいた中を掲載したいと思います。

棋譜並べの復習についてのアドバイス

byシュうぇッチマンさん

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 序盤の出口あたりで、手が止まり、長考したくなるところがあるので、そのあたりで分岐を作ってみたら、いかがでしょう? 言い換えれば、ノータイムで指せなくなるあたりという意味なんですが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

コメントは切り取ってしまいましたが、確かに繰り返し並べていても詰まる所があり、そこは自分が第一感で見えてないところとも取れます。

 

次の棋譜、に行く前に疑問の局面について少し考えてみようかと思います。

目指せ100局! 40パーセント達成

前回ブログの途中経過報告です。

http://mountain8.hatenadiary.jp/entry/2017/08/12/215520

 

毎日の記録は将棋ノートに記入しています。

 

◾️現在◾️

角換わり腰掛け銀、目標100局
8月14日、計20/100。
対振り、目標100局。
8月14日、計20/100。

 

約1週間かかりました・・・

角換わり、対振りともに20局分並べ終わりました。計40局なので、タイトルの100局に対しては40パーセント完了。笑

各戦型に対しては20パーセント達成ですが、一旦振り返り時期に入ろうと思います。

1局をパソコンに入力して、何度かマウスをポチポチしながら復習はしました。少し明けて、棋譜をもう一度並べたら新たな発見が見つかるはずです。

まあ気分転換というか、同じことをひたすらやるのは大変ですので。

 

数回並べた40局の振り返りをしますが、今のところ方法は未定です。棋譜入力をしたので、分岐が作れます。なのだ自分の読み筋疑問点を分岐で作ろうか?

それとも、次の一手のように局面図を切り取って問題を自分で作るか。

 

今は思案中ですので、何かアドバイスがありましたら参考にさせてください!

コメントいただけたら嬉しいです、よろしくお願いします!

 

目指せ100局!

お盆休み満喫中です!

予定はありますが、将棋の時間も確保することが出来ました。

 

将棋年鑑購入。

+

パソコンに棋譜並べ入力。

たくさん並べれる!

 

今角換わり腰掛け銀と対振り飛車、各分類毎に100局並べることを決意しました。

両方前回の大会で負けた戦型なので、次勝てるように負荷をかけた目標です。

大会を運営してる高段者の方にアドバイスをいただき、同じ戦型100局覚えれば使えるようになるよ笑、と。

棋譜並べは好きなので楽しいですね。攻め将棋の気分なら角換わり、じっくりした将棋の気分なら居飛車対抗型。

 

角換わり100局!

将棋年鑑29年度から最新形を学びます。

居飛車対抗型100局!

米長の将棋完全版からじっくりとした将棋を学びます。

 

現在角換わり18/100局。居飛車対抗型10/100局。継続してやっていきたいです。