将棋の棋力向上へ〜山登りのように一歩一歩〜

将棋の棋力向上を目指したブログです。基本的には日々のメモ、目標を書いていきたいと思います。

次の一手

次の一手 (4)

第4回、次の一手を考えたいと思います。 今回はMさんの将棋から考えます。対局自体は持ち時間は30分だった気がします。先手の次の一手は・・・ 局面図 まずは形勢判断をしたいと思います。 ▪️手番 先手 ▪️駒の損得 なし。後手は歩を1枚持ち駒として使える ▪️…

次の一手 (3)考察

1日空けてしまいましたが、次の一手の考察をしたいと思います。 前回 http://mountain8.hatenadiary.jp/entry/2017/03/23/000224 この1局は再度出会う可能性があるため、次に向けての指し方を考えたいと思っています。 再掲図 ①45歩 実際の対局では私は45歩…

次の一手 (3)

今回は自分の対局から局面を選びました。 というのは、実際の対局中悩んだ局面だったからです。持ち時間のことも考えて決断しましたが、この時間帯は頭の働きが悪かったこともあり、再度検討したくなりました。 第1図を掲載します。序盤の仕掛けの局面です。…

次の一手 (2) 答え合わせ

前回の局面を再掲します。 再掲図 私はここで▲66桂としました。 Sさんによると、▲66桂には△65銀で指しにくいとのことです。 ここで私は銀を使ってくれるなら、66歩からの攻めが緩くなるだろうと読みを打ち切っていましたが、△66歩〜△67角が厳しいということ…

次の一手(2)

再度Sさんの将棋です。 対抗形で先手が右四間飛車ですね。駒の交換が行われました。先手の次の一手を考えたいと思います。 ▪️手番 先手 ▪️駒の損得 先手が桂、後手が歩2枚の交換です。 先手の方が駒得ですが、歩切れも少し痛いなと ▪️玉の堅さ お互い金銀三…

次の一手(1)答え合わせ

次の一手(1)の答え合わせをしていきたいと思います。 再掲1 先手の番ですが、私の予想手は▲86歩でした。 Sさんによる結果は ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ その手も正解! というのは検討した結果良くなりそうとのことでした。 前回の記事の変化、▲86歩以下、△65歩▲同歩△88角…

次の一手(1)

第1回次の一手です。 前回の記事でも書いたように、恐縮ながら私の形勢判断と次の一手を予想し、それを提供者の読み筋と照らし合わせていく形式です。 この局面はアマ連のSさんから提供いただきました。先手の次の一手を考えます。 まず形勢判断をしたいと思…

次の一手 〜概要〜

ブログでやりたかったものの一つです。 目的として・・・ ▪️一つの局面を深く考える機会がほしい ▪️他の方の実践例との読み筋の比較をしたい という願望があり、是非立ち上げたブログで、勉強出来たらなと構想を立てていました。 なので取り上げる局面は ▪️…