将棋の棋力向上へ〜山登りのように一歩一歩〜

将棋の棋力向上を目指したブログです。基本的には日々のメモ、目標を書いていきたいと思います。

定跡書の読み方について感じたこと

少しの間ブログを休止していましたが、忙しさも落ち着き、新たにモチベーションを持ってブログを書けたらと思います。

 

最近は居飛車の勉強もしていまして、とりあえず一通りの戦型に触れてみたり、色んな勉強法を試してきました。

 

まだまだ実験中ではありますが、少しずつ分かったこともあります。最近思うのは、勉強法には個人差があること。当たり前ですが、よく自覚していないと思った以上の効果が得られないような気がします。なので色々試す期間も必要なのかなと。

 

タイトルの通り、定跡書の読み方について感じたことがあります。

私自身、一冊の本を一周ではあまりにも理解が乏しく感じました。なので複数回読む事は必ずプラスになります。

ただ、本によっては1ページの手数が多く、頭の中で並べるのが苦痛と思ったり、曖昧になってしまうという方も多いと思います。盤に並べるのももちろんプラスですが、駒を戻したりするのが面倒と思ってしまいがちです。

 

なので私は定跡書を読む場合、以下のやり方で進めることにしました。

 

◾︎読書(1周目)

→基本的に本線を読んでいく。気になった時は本文の分岐も読んでみる。

 

◾︎入力 (2〜4周目)

f:id:sal0112:20170715193811p:image

 

スマホ棋譜アプリ又はパソコンの将棋盤に入力します。私はスマホの有料アプリ kifuというものを使用していますが、ぴよ将棋だったり、パソコンの柿木将棋、激指などでも出来ます。

基本的にはひたすら符号を入力していきます。例えば本線を1ページから入力し、一通り終えたら次は分岐を入力するなど、区別しておこなえば効果upです。

これのメリットとしては、

・分岐を並べる際に、局面を戻すのが楽

・一手一手の動きが視覚によって確認出来る

・先手後手を逆にして周回出来る

・記録として残る

が挙げられます。1つの方法として紹介させていただきました。

 

◾︎再度読書or盤駒並べ(5〜7周)

→余力があればここまでやりたいです。

その日の持ち時間によって密度を濃くしたり、スピード感をもってやればいいのかなと思います。

 

◾︎ソフト研究

→最後にソフトで並べて、自分なりの分岐も作ります。これについては次回の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

少しお休みします。

ブログの更新ですが、少しの間休止したいと思います。

ただ将棋を中断するわけでなく、新たな挑戦をしているので成果が出次第報告したいと思います。

棋譜並べについて色々

週末、将棋の勉強はおいといて色々な方の過去ブログを再度読み漁っていました。

色々試して見たい方法や戦法など、アイデアは膨らみまして、あちらこちらに手を出そうとしましてしまいました笑

また対局はやっぱり指し慣れたものが勝ちやすいと、当たり前ですが再認識しました。

 

色々やってきましたが、一周回って棋譜並べにはまっています。

穴熊名局集は100局あるし、広瀬流四間飛車穴熊勝局集も50局あります。相振り飛車名局集も出てほしいなー。

棋譜を30回並べたら深く研究とかしてみたいなーと。

将棋は悪手を指すゲームと表現されていた方がいて、その通りだと思いました。

プロの先生の棋譜は最高のルートだと思います。だから理想はその将棋を指すことだけど、基本的には道を逸れます。悪手が指された時、どう咎めるか、また悪手を誘うことも考えてみたいです。

その後の検討(特に終盤の速度計算)をよく考えることが今後の課題でしょうか。詰めろ?必至?駒得?など大局観を鍛えます!

 

◾︎30回棋譜並べ

仕事帰りに先手をもって10回、朝起きて後手番10回、隙間時間に脳内並べ10回のサイクルが理想です。そうしたら1週間で7棋譜並べれるはずなんだけど・・・

 

 

終盤・・・やっぱり序盤と棋譜並べが好きだなあ笑

2017.6月第3週 振り返り

第3週の振り返りをしてみようと思います。
◯△▲の順に評価してみました。

棋譜並べ ◯
増田四段vs及川六段(対振り銀冠穴熊no.1) ◯

◎定跡 ◯
居飛車穴熊撃滅戦法◯

対振り銀冠穴熊

菅井ノート後編△

◎終盤 △

中日新聞
スマホ詰めパラ ◯

その他付録◯

◎対局 △
ウォーズ10切れ 勝率.714
3切れ 勝率.500
10秒 勝率.600
将棋倶楽部24 勝率.000(0-1)

◎その他 

大盤解説会参加

棋聖戦第2局  羽生棋聖vs斎藤七段

・対ソフト対局

→指定局面(四間飛車穴熊戦、居飛車側をもって)から指した。


以上。

棋譜並べは対振り銀冠穴熊の一局を30回並べを完了した。
・定跡は四間飛車穴熊の復習が中心となった。また対抗系の勉強もすることが出来た。両方盤駒で並べることが出来た。
・終盤は詰将棋の量を増やせた。長手数の問題は少しになった。
・対局はあまり時間を取ることが出来なかった。格下にいくつか取りこぼすことがあった。

全体を通して先週より勉強する量が増えました。その中でも棋譜並べ、詰将棋に時間を費やしたという傾向になりました。
これを踏まえて第4週の目標を考えます。

先日の対応策

前回のブログから、色々とアドバイスをいただきました。それらからどう対応していくかをまとめてみました。

 

◾️実践してみること

1、秒読みメソッドの再度読み

2、ソフトとの秒読み訓練

3、居飛車側を持って指す

 

1の秒読みメソッドの再度読みについて

http://cixous5.hatenablog.com/entry/2016/09/21/063000

参考ブログ記事:秒読み(1)〜補遺まで

再度読みは良いですね。解釈の仕方が最初に読んだ時より変わっているのを感じます。また読み落としや勘違いも見つける事が出来ました。

・対ソフトとの6秒指し

→レベルを落として駒も落としてもらいます。即指し禁止。負けない手を指す。

・6、13秒指しを身につける。

将棋倶楽部24での早指し対策

・秒読みを口に出しながら指してみる

→リズム感覚を身につける。

 

2.上に示した通りです。

 

3.居飛車側を持って指す。ということについて、自分なりに活かし方を考えました。

・自身の対局を振り返り、指定局面から反対を持ってソフトと対局する。そのまま戦うと勝てないので、ある程度差がついた局面から対局したいと思います。そうしたら、悪い時の指し方や逆転術が分かるかもしれません。

・これはおまけのようですが、普通に居飛車を持ってネット対局を実際にしてみました。5戦やって2勝3敗でしたが、いい気分転換になっています。息抜きにこれからも指せたらと思っています。

 

 

 

なぜか勝てない・・・

将棋ウォーズでは勝てているのに、将棋倶楽部24て勝つことができない・・・
というのは何故でしょうか??

切れ負けと秒読みの違い?
24の方がレベルが高い?
序盤は並みだが、終盤が強い?
24での対局方法に慣れていない?

日を空けてですが、3連敗です。
3連敗とも逆転負けなので、情けないです。

序盤の勉強はおそらく間違っていない(全て有利には出来ている)ので、となると終盤や速度計算が甘いという事になりそう。

これは終盤の鬼特訓をする必要があるかもしれない・・・。

ブログを見てくださる方、もし終盤鬼のスペシャルメニューがあればご紹介ください!

2017.6月第3週 実践と勉強のメリハリ

前回から振り返りを追加してみました。

ノートには毎回記入しているのですが、しっかり評価して全体像と必要なものを見極めるようにしていきたいです。

新しくスマホ棋譜並べを試しています。以前に盤駒で並べたものの復習するのと、今は相振りの定跡を勉強しているので、その間にエース戦法を錆びつかせないようにするのが目的です。

ちなみにこの方法は、以前並べたことのあるものだけを扱うという自分ルールをつけて行っています。ラクをしすぎず、楽しみつつ、といった勉強の1つです。

 

〜2017.6.12〜
■勝つための勉強
◎対局

3番勝負、5番勝負、3番勝負を繰り返す。

シュうぇッチマンさんブログを参考にさせてもらいました。

 http://cixous1.hatenablog.com/entry/2017/06/07/063000

◇3番勝負

将棋倶楽部24 早指2、15分60秒、早指し2

◇5番勝負

・将棋ウォーズ 3切れ、10秒、10切れ

将棋倶楽部24 早指2、15分60秒

◇ソフト3番勝負

駒落ち、平手、駒落ち (各待ち時間30秒)

 

◎終盤

スマホ詰めパラ

→先日友達と詰めパラの話になり、解いた問題数でだいぶ差をつけられていました。また今週末会うのでその際に逆転出来ているように追い込みます。

 

 

 


■楽しむための勉強
棋譜並べ
今週も伊藤女流の将棋を並べたいなと思っています。またスマホでの棋譜集並べも続けてみます。

◎定跡

・相振り飛車14のテーマ

→黒沢先生の本です。端を狙った将棋が勉強出来るので、身につけれたらと思っています。